特待生オーディションは何をする?

特待生オーディションは何をする?

特待生オーディションは何をする? プロの声優が所属しているプロダクション事務所は、その付属となる声優養成所を持っている場合があります。
そのような場合には特に、今後売れっ子になりそうな人材を発掘して、将来はその事務所で働いてもらえるように「特待生制度」を設けていることがよくあります。
もしも特待生になることが出来たなら、声優養成所に支払う入学金や授業料が免除になったりもしますので、是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
しかし、そのためにはオーディションに合格する必要があります。
実力主義の世界ですので、オーディションではやはり実際にアフレコをしてもらったり、アニメの主題歌などを歌ってもらうなどのテストが課されることが多いようです。
まずは基本である滑舌を良くする練習や発声練習などをしておく必要がありますし、自己PRでどうやって自分を売り込むことが出来るかについて考えておくのも良いかもしれません。
また、このようなテストのための実践的な専門コースもありますので、そのようなコースに参加して対策するのも一つの手段です。

声優養成所で特待生として優遇され所属されれば費用がかからない

声優養成所で特待生として優遇され所属されれば費用がかからない 声優養成所で特待生入学で優遇されることにより、自分の懐を痛めることなく仕事をもらえる可能性があります。
正確には費用が無料になると言うよりは、仕事をした先でいただいた報酬の一部を事務所に納めているので、間接的に支払ってはいます。
しかし、初期費用がかからないことと自分のお金を使っていないことにより、リスクがない事が挙げられるので、お得な気分になっているの見逃せないポイントでしょう。

ではどういう人が選ばれるのでしょうか。
声優養成所といってもビジネスとして成り立たせています。
そのため、仕事をすぐにこなせるような人材でないと、特待生として迎え入れられる可能性は皆無です。
信頼関係もない中で特別扱いするのですから、それなりにメリットがないと採用しないのは当然です。
所属すれば費用がかからないと言うのは事実ではありますが、可能性や魅力がなければ実現しないのが一般的です。
ゆえに、基礎から養成所で学んで仕事するケースが王道と言えそうです。